« 浅田真央選手を応援し続けます! | トップページ | 女子フィギュアの採点方法とルールについての疑問 »

浅田真央選手とマスコミ報道についての私見

その一因となっているのが、フィギュア女子に対する日本のマスコミ報道、マスコミによる煽動だと私は思っています。

これは本当にひどいと思います。私はひねくれ者なのでもともと大衆志向でないし情報番組やCMは見たいモノ以外は意図的にシャットアウトしていますのでそのまま信じたりはしません。それがエライというわけじゃあなくて、人それぞれってことですね。

でもフィギュアに関しては少しでもファンの選手のことが知りたくて見てしまいますが・・・。今の「真央vsヨナ」という対立構造を勝手に作り上げ、たとえばジャンプの真央、演技力のヨナみたいに分かりやすくキャッチフレーズをつけ、親和性を高めるマスコミのやり方って幼稚すぎると感じますね。キム選手のどこに演技力があるのでしょうか。何をもって演技力とするのか、その定義はきわめて曖昧かつご都合主義です。真央選手の真のライバルはおそらく自分自身だろうけど、キム選手以外にもたくさんの素晴らしいスケーターがいて広義の意味ではもっとたくさんのライバル選手はいると思います。それこそたゆまぬ努力をしている選手達に本当に失礼すぎますね。

このやり方はあくまで、軽い・・・。軽すぎる定義づけで消費者(視聴者)の興味を分かりやすくキャッチーに引こうとしている、短絡的で何の意味も深みもないから、あっという間に話題になり消えていくのがこういうマスコミに取り上げられ祭り上げられた人々(スポーツ選手に限らずお笑い芸人もアイドルも)の行く末なんでしょうね。しかも、消費者(視聴者)をバカにしているとすら感じます。「ほら?!これで不安になったでしょ?みんなの真央ちゃんがこんなに調子悪いよ?心配でしょ?じゃあ観なくちゃ!テレビもっと観て!」って感じでしょうか?「真央ちゃん絶好調!金メダル間違いなしで、敵なし!!!」という報道だと興味をそそられませんよね。というか、日本人の判官びいきという特性を最大限利用しつつ(逆境でも頑張っている人を応援したい、という)「不安を煽る」作戦って常套手段ですもんね。

今のこのご時世、「不安」が最大のビジネスチャンスだという本もありました。ひどいな。もっと時間をかけて丁寧に作り上げるとか蓄積するとか歴史を振り返って質のいいものを探求していくとか後世まで語り継がれる物作りとか、そういう方向には知恵は働かないのですかね。

今回の五輪でいえば、キム選手は見た目ノーミスだったので、優勝でも文句を言う人はいないと思うし私もそう思うけど、新聞のテレビ欄見て「真央ちゃん」という言葉に反応するわけですよ。で、観て見ると、ここまで毎日毎日スポーツ番組や昼のワイドショーでこの二人を持ち出し、(下手すると自国選手を押しのけて)他国選手のキム選手を持ち上げたり宣伝したりする必要って全くないと思います。分かったようにいうコメンテイターとか聞きかじりの情報で知った顔して話すMCの言葉は本当に空回り~空をからから回っているようにそらぞらしく聞こえます。

一体その意図は何???と思います。売り出したいのでしょうかね。韓流ブームを再び!ってやつですかね。実際今回の五輪をテレビで見た!っていう友人知人はだいたい、「真央ちゃん、大丈夫なの?」「キムヨナはオーラがすごい、すごすぎて、完璧!もう次元が違う!」こんな感想なり意見なりを私に話してくれます。私は普段は真央ちゃんファンをカミングアウトしてないので、かなり引きつりながら(!)冷静に「でも真央ちゃんて・・」と説明しようとすると、普通の人は若干面倒くさそうになる(苦笑)そりゃそーだ、別にそこまで知りたくないし興味ないし、ってことですよね。

これが、「マスコミの罪」です。正しく状態を伝えていない、何らかの政治的意図により婉曲された情報を一般家庭に刷り込んでいるんですね。物事には、表裏が必ずあるので、「真央ちゃん大丈夫?トリプルアクセル大丈夫?今、絶不調らしいけど大丈夫?」これは、ある側面からいえば正しいというか、そういう一面もあることでしょう。でも、その裏では様々な専門家の力を借りながら、日々練習練習を重ねて、トリプルアクセルの精度を上げてきている・・・こういう一面もあるし、実際本番では計3回のトリプルアクセルを成功するという前人未到の偉業を成し遂げたわけですね。このような側面は一切伝えずに、片側から見たものだけを何らかの意図で伝達する・・・同様にキム選手も確かにメンタルも強く環境も(もっといえばルールやISUも 怒)優位だったから、ある意味余裕だったのでしょうが、キム選手だって一人の人間だからそんなに真央選手と違ったオーラなわけないですよね、五輪の本番では緊張していたと思いますよ。それを、真央選手はこう、ヨナ選手はこう・・・ってすぐ定義づけて、ある一部分がさもその人のすべてであるように伝えるところが、マスコミの愚かなところではないかと思います。

物事って視点を少し変えるだけで、全く違う様相になることがありますよね。大学時代の教授が話していたことを未だに覚えているのですが、「政治を学んで、身につけて欲しいのはイデオロギーとか政治力学とかよりも、自分の身近かにあるものを見る・考える視点を一つでも多く増やすことだ」という雑談めいた話です。何でも疑ってかかれってわけではないだろうけど、既存の「当然そうでしょ」という考えや「今これが流行っている!」というブームも、自分の目で心で、今一度考えてから、自分の中に取り入れるようにしたいものですね。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

思い切り脱線したところで(?)ここで本題に戻ります。マスコミがなぜ、こうも意図的な報道をするのか・・・?やはり、マスコミ界を独占しているある企業(のトップ)の圧力によるのでしょうか・・・?採点ルールについて思うことは、次回に続きます(へ?)

熱くなりすぎてちょっと休憩(苦笑)

|

« 浅田真央選手を応援し続けます! | トップページ | 女子フィギュアの採点方法とルールについての疑問 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 浅田真央選手を応援し続けます! | トップページ | 女子フィギュアの採点方法とルールについての疑問 »