« 赤西仁 LAソロ公演&KAT-TUNアジアツアー | トップページ | 世界選手権男子 銅メダル ブライアン・ジュベール »

「赤西仁 LAソロ公演」を冷静に考えてみる

日本中を激震させたニュースから(?)一日、経ちましたね。

昨日は、ヨロヨロ仕事しながら美容院に行き家事モロモロをすませ、仁君友達と何度も泣きながら話したりメールしたり、帰宅したオットを捕まえてまたしゃべくり、最後は熱っぽくなってきたため、就寝・・・という大変な一日でした!   これって、知恵熱・・・???w(゚o゚)w

で、だいぶ冷静になり落ち着いてきたので、ちょっとまとめておこうかなと思います。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

まず、今回の情報は各マスコミを通じてしか伝えられていない、ということ。よって、現時点で私たちファンは皆平等に、その情報で言われていることしか知りえない、ということ。つまり、他の芸能関係者の噂とかアンチの人々の煽りとか今までの仁君の行動言動に頭きてたのが、今回でもう沸点達しちゃった!という人々の怒り・・・が放つ言葉は「憶測にすぎない」ということを、しっかり分かっていないといけないと思いました。

でないと、心折れちゃうもん。。。(ノ_-。)

その上で、情報を簡単に整理すると。

◆今回のソロ公演は、日生劇場でのソロライブを2月中旬に見たアメリカの日本語ケーブルテレビ局から2月下旬にオファーがきた。

◆オファー内容は、6月19,20日(3公演)@LA「club NOKIA」(約2000人収容)これは、プレ公演としての位置づけ。アニメフェスなどが開催され、全米からプロモーターが集まるこの時期を、先方から強く勧められた。またダンサーやスタッフは現地の人を採用してライブを行うことも条件のため、仁君はそのオーデションにも立ち会う必要があるので5月中旬より渡米予定。公演後は、アメリカ国内クラブツアーを計画、PR活動を検討中。ビザが切れる10月まで滞在で同局の番組にも出演予定。チケットは日本販売はせず4月15日よりインターネット販売。

*公式HP http://http://www.jinakanishi.us/

◆カツンコンは、去年10月にそのスケジュール等決定していた。そのスケジュールと仁君のLA公演のスケジュールが重なってしまう。そこで、ジャニーさんとメンバーと相談し議論を重ね検討した結果、、苦渋の決断の末、今回はカツンコンは5人で、仁君はオファーを受諾してソロ公演に向かうという、「2WAY(アジア&アメリカ)コンサート」という形になった。

◆仁君は「目標だった海外公演にトライできることになり嬉しく思います。楽しんで臨みたいと思います。僕が日本でやってきたエンターテインメントや音楽を今度は海外に住む方たちと一緒に共有してみたい。」と語る。

◆仁君以外の5人のメンバーは「チャンスを逃すことはない。ツアーは5人で頑張る」と赤西の海外進出を後押しした。

◆関係者は「個人とグループの両方に一番いい方法として5人も納得した上で決めた。KAT-TUNを大事に、が社長の考えで解散や脱退などでなはない。2WAYでKATーTUNが世界進出するこということ。6月の公演がほかのメンバーの米国進出の先駆けになれば、」と語った。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

このような事が発表された訳ですが、カツンファンは、もうこの情報からそれこそ、ものすごーーーーい想像&妄想&裏読み&言葉尻の揚げ足取り・・・をしますからね(笑) もちろん、私も。で、ぐらんぐらん情緒不安定になるという。。。でも確かな事はここに書いてあることだけ。もうすでに決定したことだし、先のことなんて分からない。それを憂いたり嘆いたりしてもしょーがないですよね。

他のメンバーのことを考えると複雑~とかなんでこの時期なの?とかイロイロ考えることはあるけど、メンバーはもう前を向いて歩いていますよね。(by今日の中ペ)メンバー本人達がいいって言っているのに、それを応援するファンがあーだこーだ言うのっておかしい。

前から思うけど「ファンのことを考えて!ファンとしてこうすべき、ファンだからあえて甘やかさずに苦言を言う」とかいう貪欲さや熱い文化って何だか抵抗がある。私がいい年しているからかな?(笑)だって、仁君がいてくれるだけで幸せなんだもん!(・・・とオトメチックに言っみる 笑)そんなにイヤならファンやめればいいのに見なきゃいいのに、気になるのは興味あるってことじゃないのかな?って普通に疑問を感じてしまう。

私は、今回のニュースを聞いても、やっぱり仁君が大好きでファンをやめられないことがよく分かってので、取るべき行動&気持ちのあり方はこれだけ!!!

仁君を信じて待つ。見守る。応援する。

しっかりやってきてね~!と気持ちよく見送る。

でっかくなって帰ってくる(成功or失敗いずれにしてもプラスの経験だと思う)仁君が5人でコンサートを頑張る他のメンバーと融合して、さらにパワーアップしたKAT-TUNになることを信じる。

以上。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

だって、仁君ソロライブのパンフレットでも言ってたもん。

「俺が直接放つメッセージを通して、赤西仁という人間をわかってもらいたいと思っている」

「A Page」の歌詞にもあったもん。

「君は信じてくれているの?それともただの見せかけの人間だと思ってた?

今、それを見せる時間ができたんだ。

夏にオレがダメになりそうになったとき、君の声援のおかげで自分の思いを貫いてやり遂げられたんだ。」

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

だから、私は仁くんの夢がかなって成功にするように、背中を押してくれたメンバーの思いも全て、信じようと思います。

そして、もちろん残された5人のメンバーのツアーも参戦しようと思います!(←はい、まだ当選してませんが。)

これからも楽しく明るく応援していきたいな~と思います♪

|

« 赤西仁 LAソロ公演&KAT-TUNアジアツアー | トップページ | 世界選手権男子 銅メダル ブライアン・ジュベール »

KAT-TUN 赤西仁」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 赤西仁 LAソロ公演&KAT-TUNアジアツアー | トップページ | 世界選手権男子 銅メダル ブライアン・ジュベール »