« 会員制犬施設「BARK FARM」 オープン | トップページ | わっくんの初恋の相手@紫陽花の公園 »

こういう試合が見たかった@カメルーン戦

サッカー日本代表、やりましたね初戦白星スタート

20100614190945

前評判はさんざんだったけど、私は秘かにやってくれるんじゃないか・・・って思ってましたよ!(ホント!後付けでなくて!)

だいたい、日本のマスコミや評論家のいうことなんて、あてにならないからね~!それは、もう浅田真央ちゃんに関する曲がった報道や、仁くんに関するデタラメ報道で実証済みですからね。

今回は、2006年ドイツのW杯のようにただ期待するだけでなく、色々調べてみた結果、信頼できる&尊敬できるオシム前監督と中田英寿元代表の本や対談やインタビューだけを信じてみました。

結果、ここまできたらもう、メンタルにかかっていると。

相手をリスペクトするが、ナーバスにならないこと。極めて現実的でまさに「ゲームをどう攻略するか」を賢明に行ったものの勝ち、だと。

そして、技術やフィジカルは今どうこうすることはできなくても、気持ちを強く持つ、意思統一をする、団結する、ずるくても傲慢でも有利にゲーム展開をする、主導権を握る・・・こんな簡単なように思えることが実は日本は苦手である、と。

なるほどね~~!と思いました。

だから、これだけテストマッチでボロボロの結果で叩かれたメンバーや監督、スタッフは、きっと「もう失うものはない」気持ちで、逆に開き直って思い切り自分のプレーをしてくれるんじゃないかな?と思ったのです。

そんな淡い期待は、自分の心の奥底に隠して、正座して緊張してオットと観ましたよ!私は、詳しいプレーのことはよく分かりませんので、そういう分析はできませんけど。

でも、本当に素晴らしいファイティングスピリットでした!みんなが監督の指示のもと、自分のできる限りの力を出し切り規律を守って最後まで気を抜かず、頑張りぬきました。気持ちで全く負けていなかった!その結果として、得点までGETできましたね~!本当に素晴らしい!

何も優雅な美しいプレーなんていらないんですよね。W杯なんだから、勝負しに来ているんだから。つまらなくても汚くてもせこくても(?)結果が全ての世界なんですもんね。

そういう意味で、心を打たれる試合でした。。。こういう試合がずっと観たかったんです、2006年のあのドイツでの悔しい気持ちは絶対に忘れなかったけど、4年後の今、とても晴れやかな気持ちになりました!

得点を入れた本田の態度も、冷静そのもの。キャプテンマークを巻いた長谷部は、最後のインタビューでスタッフや日本のファンへの感謝の気持ちを述べていたのも印象的です。試合に出ていなかったメンバーも皆喜んでいました。何より、岡田監督は本当に勝負師であり、現実的で勇気があると思いました。(マスコミも手のひら返したように褒めまくってるけど)

まだまだ課題はたくさんあるでしょうけど、あと2試合グループリーグ楽しめることが本当にうれしいですね。感動をありがとう。

|

« 会員制犬施設「BARK FARM」 オープン | トップページ | わっくんの初恋の相手@紫陽花の公園 »

スポーツ」カテゴリの記事