« ドッグキャラバン@新港パーク | トップページ | 英国王室御用達「H.Rヒギンス」のフレーバーティー »

アヴェマリア/クリスマスコンサート

毎年このコンサートに出かけると、年末だなークリスマスだなーと実感するサンクトペテルブルグ室内合奏団のコンサート、今年も行ってきました♪

私は、音(聴覚)=色(視覚)、つまり音を聴いて色が思い浮かぶタイプなんですけど、このクリスマスコンサートでは、冬の厳しい景色のダークでモノクロの重厚な色合いから、柔らかで優しいペールやグレイッシュ、ソフトトーンが連想される、まさに「色とりどり」なコンサートなんですね!

20101211213921 場所は、みなとみらいホール。歩いて5分くらいだからギリギリまでうちでウダウダできるところもGOODなんですよね!

20101211181306

クイーンズのクリスマスツリーもキレイですね!時間になると音楽が流れます。

20101211181245

こちらは、今年できた新しいビル(クイーンズの前の)のツリー。これもキレイ!でも、このビルディング、テナントがなかなか入らずまだスカスカで、寂しいんですよね。お店もバーガーキングや居酒屋くらいで、企業もあまり入居していないらしくて。。。

20101211205234

コンサートは、期待を裏切らない美しいメロディと繊細で優しい旋律に、ただただ感動しました。

私、ちょっと影のある暗めというか哀愁を帯びた音楽が好みでして。今回のコンサート、前半にまとめて持ってきたカノンやG線上のアリア、ヴィバルディ「四季」の冬なんて悲しくて切なくて、もう心にビンビン響きますよ!三大アヴェマリアも、一番暗いのが好きだったりして

ま、音楽の好みも人それぞれですからね。オットは完璧音楽と自分の感情を重ねるので物悲しい曲は本当に入ってしまうそうで、なかなか抜けられないので絶対NGなんだそうですよ。だから、今回のコンサートでは休憩後の後半の楽曲、タイスの瞑想曲や救いのアヴェマリア、ハレルヤを聴いて、「あー良かった」と思ったそうです。

寒い冬には、室内の弦楽器が奏でる優しく温かいメロディにほっこりと心が癒やされる思いですよね。今年は特にお仕事が忙しい年末なんですが、こういう楽しみがあるから、乗り越えられる♪やっぱり冬もいいものだと思ったのでした♪

|

« ドッグキャラバン@新港パーク | トップページ | 英国王室御用達「H.Rヒギンス」のフレーバーティー »

文化・芸術」カテゴリの記事