映画・テレビ

アメリカンダンスアイドル シーズン6 TOP10女子

続いて、シーズン6の女子。

男子に比べて更に華やかさに欠ける、ワクワク感の薄い女子群。上手い~!とうなることはあってもなぁ・・・。しかも、今回落ちたカレン、とても華やかで演技もダンスも上手で、唯一好きでした。この中ではバツグンの存在感とビジュアルだったのにねー、残念。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

◆エレノア:不思議系だけど、性格も良さそうでダンスは上手いし、とにかく器用、以上。興味が沸かないんですよね~・・・。ビジュアルの問題ですかね?ライアンと離れても、誰とでも上手く合わせられそうだし度胸もありそうだし、こういう人が上位に来るの分かるけど、投票を見るとあまり伸びなさそうな気もするし、ウーン分からない!

◆キャサリン:お顔も可愛いし、性格も良さそうで・・・・以下、エレノアと同様(苦笑)強くひきつけられるものがない、もしかしたらボトム入りしてソロを踊ると、俄然輝きが増したりして。何だかこの人は「やってやるっ」って強いモノ持ってそうな雰囲気があるなー。

◆モリー:予選時から応援していたけど、本戦に来たら「???」伸び盛りかと思いきや、完璧に足踏みしているような気がする。何踊っても同じ印象しか残らない。とーっても可愛らしくて、ソロダンスの気迫もすごいし柔軟性もあってラインもキレイだけど・・・。何故でしょうね?これが「経験」「マチュア(成熟)」というモノなのかな?でも、未熟だからこその魅力もあるはずなんだけどねー。そういうはちきれんばかりの若さ全開の振り切った演技を希望します!

◆アシュリー:この人、予選時からジャッジに色々言われてたけど、結構好き。可愛らしいし、一生懸命やってるし、ペア相手に実力一番のジェイコブについていって頑張ってる感が効果もてるけど、きっと新ペアになったら、票は伸びないでしょうね~。でも頑張って欲しいな。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

今までのシーズンを振り返っても、TOP20当たりでジャッジに絶賛されすぎると、よほど他の魅力(たとえばキュート→セクシー、できない子→成長著しい子、目立たない存在→頭角を現し始める)が開花されないと、TOP10や決勝に行き着く前に飽きられちゃうんですよね。そうすると、ジャッジももう絶賛しなくなるから、本人も「あーダメかも」と思い始め、演技にも「諦め」が出ちゃう・・・という悪循環になるんですよね。もちろんぶっちぎりで最初から最後までずーっと強い人もいるけれど。番組としては、やはり成長する姿や埋もれている能力や魅力の開発、発掘がテーマだろうから、その辺りにうまくはまるコンテスタンスが結局は上位にくるんでしょうね。

いよいよ、これからペアがシャッフルされて、TOP6が決まり、その中から優勝者が決まるという、今回からルールがかなり変更されました。その理由はアレコレ聞き漏れてくるけれど、ま、そんな中でもめいっぱい楽しみたいですね!

|

アメリカンダンスアイドル シーズン6 TOP10男子

アメダンシーズン6、そろそろ佳境に入ってきましたが・・・もちろん地方予選からずーっと毎週欠かさず観ているんですが・・・

今シーズン、いまいち入り込めません!!!

アデーもケイラもブランドンもジャネットもメリッサも、アデーもアデーもアデーも(しつこい)いない、シーズン6・・・ほれ込むダンサーがいないとこうも冷静に観れるものなのね、と実感。ある意味客観的に視聴できるから、それはそれでいいのかも。ソロの見応えという面でも、「華」という面でも、一人一人の個性や強さが今シーズンは物足りない感じ。気合いれてこーって感じなんです。

そのため、シーズン5ではめちゃくちゃねちっこい長ーい感想を毎回UPしており、訪問してくださる人も(未だに)ものすごく多く嬉しいのですが・・・。シーズン6は、ちょうど週末が忙しいのもあり、自分としてものすごっ応援したい!という参加者に出会えていないのが、ブログにUPできなかった理由なんです~。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

・・・という言い訳はさておき。

ちなみに、今シーズンはネット社会の網をくぐりぬけて、優勝者がだれかまだ知りません!

ちょうどTOP10が決定し、今までのペアも解散して今後は組み手がどんどん変わるので、それぞれのコンテスタンツに関する勝手かつ一方的な私の感想を。

<男子>

◆ライアン:この人は予選時からずっと応援してました!体格もいいし華があるし、社交専門が本戦に長く残るといないのとでは、やはりダンスの質が違うと思うんですよねー。しかも、本戦でのペア、エレノアとの相性もいいみたい!すごい性格が良さそうなのがダンスからもにじみ出ていて、好感持てるわー。自分の苦手なジャンルのダンスでも一生懸命取り組み役に入り込んで熱演する姿には思わず応援したくなる!いいところまで、残りそう!

◆レガシー:この人も予選時からずっと応援していました。かっこいいもん(それだけ?)背が低いところが私のツボから外れるんだけど、やっぱビジュアルは大事よねーと・・・。BーBOYということで番組でも異色な存在だけど、他のジャンルもペア相手のキャサリンに助けられながら頑張っていると思う!でも、スキル的にはもうそろそろ危ない感じがするんだけど、一度もボトム入りをしていないことからも人気が高そうだし、ジャッジにも頑張る姿勢が好かれているから、この人もいい所まで残りそうですねー。泣き虫さんなのがあまのじゃくな私としては、ちょっと引く・・・。

◆ネイサン:何とかTOP10に残ったこの人、私は良さが全然分からない~~!最初からダメ、ビジュアルや言動や衣装や、とにかく生理的にダメ(すみません汗)。身体能力とダンスのポテンシャルが高いのは分かるけど、ナイジェルの言うようにすべてに軽い感じがイヤです・・・。何踊っても上手く踊れてるねってだけで何も残らない、琴線に触れないのよねー。他のペアのダンスと見比べると、モリーとのペアは深みがないし、ただ踊っているだけに見えちゃう、ソンだよなーと思いました。ペアとの相性の問題なのかな?でも他のペアをリハーサルの時とか観ないのかしら?他のペアのダンスや演技力を観て何も感じないのかしら?観ていないなら伸び白はあるけど、観ていて何も感じないとしたら(しかもジャッジにもあれだけ言われている)、運動能力はあっても、感受性(感じ取る能力)が低いのかも、そしてそれってダンサーというアーティストにとって、かなりまずいのでは?なんて思う。最初の持ち上げ方から見てもジャッジの責任もあるよねーと思いつつ、とにかく次のダンスが見物ですね。

◆ラッセル:この人も頑張っている!しかも人気が高そうだし。好感もったのは本戦の最初の頃、ソロを踊ることになった時のあの迫力!!!クランプというダンス自体の特徴もあるけれど、感情をむき出しにしたあのエネルギッシュなダンス、そうそうそう!!!そのくらい本気でやってよってな感じで、一気に気に入りましたわ。それでペアになるとホントにクランパー?って思うくらい、滑らかで上品な動きもできるし、何より明るさや華やかさがあって好きだわ。この番組の投票する層(ジュニア、ティーンとその親)にもピタっと合うタイプだし、応援します!でももうちょっと苦手なジャンルでも「はっ!」と息を飲むような感動を味わいたい、味あわせてくれ!

◆ジェイコブ:この人は上手。以上ってなモンでそれ以上でもそれ以下でもない。ビリーベルが体調不良で棄権した時点でこの人はスキル的に一人突出した形になったので、かなり余裕ですよね、それでも手を抜かずどの課題でもサマになっているのはさすがっすね!順当にいけば上位に行き、優勝に絡むのは当然のジェイコブですが、そう上手くいかないのがこの番組だからねー、まだボトム入りしていないから人気もあるのかな?また偏執的な好みでいえば背が低いのと顔がくしゅっと可愛いのはストライクゾーンから大きく外れているので、いつも「上手だねーキレイなラインだねー」と冷静に観てます。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

男子を書いていたら、思いがけず長くなったので一度これでUPします。女子はまた今度。・・・でも今一つ入り込めないシーズンの割りに、感想長い!!!何だかんだいって、好きなんじゃん!!!と思ったのでした♪

|

「SP 野望編」

観て来ました♪しかも、初日に!

テレビ放映の時は、見ずにDVDになってから観たらちょーはまってしまって。

映画をずーっと楽しみにしていたんです!!!

でも、でも、でも。

内容はビミョーでしたね

岡田くんはかっこいいのでファンにはたまらないだろうし、堤真一は変わらずオーラ全開だし、緊迫したシーンの連続でいいんだけど、

「アクション映画」なんだよなー。内容はあまりない、というか進展しないので、岡田君のかっこいいアクションと迫力ある映像を楽しむ!という目的なら100点かも。でもテレビで予習していた人じゃないとさっぱり???な内容だし、テレビで予習してても、続きを楽しみにしている人には物足りないかも、ですね。

ある意味、思いきった映画でもありますしねー。アクションと迫力映像とシンボリックな表情で魅せる!という新しい手腕で撮った映画だと思うけど・・・。その「アクション」もちょっとどーなの?っていう合成も気になったしな。全体的に消化不良な感じでした。

最近、カナダ産の「フラッシュポイント」というドラマにはまっていて(DVD好評レンタル中!←営業! 笑)同じような警察モノでも人間ドラマもしっかりしていてプロットも凝っているので、比較してしまうと中身がないように感じちゃうのですねー。

SPは、3月?4月?に完結編をやるらしいのでその予告みたいなものって割り切ればそれはそれで楽しいでは?とも思いました。

それより、小林聡美主演の「マザーウォーター」が気になってしまい、今度観にいこうと思います!

|

「悪人」映画と原作

観ちゃいました・・・読んじゃいました・・・。

「悪人」

うーん、深い!!!考えさせられる!!!なかなかこの世界から抜け出ることができなかった!!!内容はイロイロな所でアップされているので割愛しますが。

だいぶ前に原作を読み、一気に魂をもっていかれ翌日仕事帰りに速攻で映画を観ちゃったという。

その時の、そして今も考えてしまうこの世界観をブログにアップしたいんだけど、どのように書けばいい

Yのかなんて書いたらいいのか・・・。大上段に構えてしまい、放置してました。

人間くさーい世界です。一言で言い表せられない、人間の善と悪。誰にでもあるその二面性・・・見る角度を変えればだれでも善人でり悪人であり、とにかくやるせない心がえぐられるような原作&映画でした。

こういうの苦手だったんだけど、気軽に原作を読んだらはまった!!現実世界に戻れない~!みたいな。ってか現実の出来事?みたいな。

私は原作と映画両方楽しんだけど、まだの方は原作を先に読むのをオススメします。原作の方がよりリアルでなさけないくらい人間のというか自分の中にもあるイロイロな顔が描かれていると思うので。映画は主演のお二人のイメージもあるし興行収入という結果もあるので、いくぶん純愛ストーリー的で、人間描写が甘い感があるので。原作はもっともっと深いフレーズがちりばめられていますし。

映画の妻夫木くん、今まで爽やか過ぎて全く興味ナッシングだったけど、この映画を観て初めて興味をもち、ステキな役者さんだと好きになりました。どこぞの主演女優賞をとった深津さんはもちろん上手でしたけど、その上手さはある意味いつも通りで、むしろ被害者役の満島ひかりさんの存在感にびっくりでした!前々から気になっていた役者さんだったから期待していたけどそれ以上でしたね。でもでも、やはり終始ひりひりするような存在感の妻夫木くんはすごかったです!

とにかくちょっとこの映画と本が気になる・・・という人は一度観てソンはないと思います!!!断言!!!

|

秋のドラマ♪

今年の秋は、ドラマがちょー楽しみなんですっ♪あ、もちろん私の専門はCS・BSチャンネルですよーん!

まずね、リアリティ番組が充実してるんだわ!たとえば↓

◆アメリカズ ネクスト トップモデルズ シーズン6(FOX PLUS毎週木曜深夜)

◆プロジェクトランウェイ シーズン6(WOWOW  毎週火曜日深夜)

◆モデルズ ランウェイ(WOWOW 毎週火曜日深夜)

◆アメリカンダスアイドル シーズン6(FOX 11月6日より)

楽しみ~~♪ドラマと違って毎回脱落者が出て最後は優勝者が決まるのが、ワクワクするんですよね。だんだんコンテスタンツに感情移入し出したりして、はまるーーー!

ドラマは・・・

◆アグリーベティ シーズン4(BS2 毎週水曜日深夜)

だけだけど!!!笑

でも「24」のファイナルシーズンもいよいよレンタル開始されたし!

今年の秋は楽しいテレビライフが送れそうです♪

|

スカパー!な日々で英語力up

猛暑の今夏は、ひたすらインドア生活で、凌いでます~!

おうちストレッチ、おうちヨガ、おうちご飯、おうち勉強、おうち読書etc・・・出かけるのは夜、もしくはフィットネスクラブに行くときだけの生活!読書感想文がバンバン書けるくらい読破した~!それに、家の中も整理整頓できてかなりすっきり!料理のレパートリーも増えて(ちょっとだけだけど)良かったかな!

オットも年とってえらくなる程どんどん帰宅時間が早くなり(そうしないと下の人が帰れないらしい)平日の夜でもゆっくりと一緒にわちぽる散歩したり、ご飯食べたりできるようになったから、今年の夏は楽しかった~!

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

ところで、インドア生活で欠かせないのが、「スカパー!」

ほとんどテレビは観なかった(仁くんが出ている以外)私ですが、スカパー!に加入後、海外ドラマ&ナショジオ&アニプラのチャンネルは、本当によく観てまして~。当然オンタイムに観られないので、HDDさんにものすごく頑張ってもらってますよ~♪

ちょうどこの時期は、プログラムの入れ替わりなのですが、今までみていた番組というと・・・

◆アメリカンアイドルシーズン8、9

◆アメリカンダンスアイドルシーズン5

◆アメリカズ・ネクスト・トップモデル シーズン3、5

◆サバイバー シーズン13

◆プロジェクトランウェイ シーズン4

◆カリスマドッグトレーナーシーザーミラン

◆クローザー シーズン5

◆バーンノーティス

◆デスパレートな妻たち

こんな感じ。どんだけテレビっ子???テレビがお友達???笑

リアリティショーが大好物なもので(笑)ネクストトップモデルは本当に面白かった!アメアイやアメダンは語るまでもないですよね!!!リアリティショーは先が読めないから観ていて楽しいし、その業界特有の事情や厳しさを垣間見れて勉強になる!

意識的に観ていなくても、テレビをつけているとFOXやFOXプラスチャンネルだと面白い番組をやっていますよ~♪

そして、今新たに観ているものは・・・

◆ライトゥミー

◆いぬまにあ

◆わんこの城

アニマルプラネットというチャンネルがマニアックすぎて面白い!トリマーの全米1位を決めるコンテストとか(笑)ワンコ系の番組はパピヨン特集の時によく観ています!

あ。ちなみにNHK教育で英語の勉強も地味~に続けてますよ!「リトルチャロ2」にはまってマス。カワイイ(ポルカにそっくりな)ワンコの冒険モノの英語ドラマなんだけど、中学英語レベルだからテキストなくても流しているだけで分かるくらい簡単だし、チャロを観ているだけで癒やされるの~。それに、これだけ海外ドラマを観ているとヒアリング力が最盛期に戻ってくるのか、字幕見なくてもだいたいの内容が分かる時もあり・・・。全く?な時もありますが笑なにげに、英語の勉強になっているじゃーーん!と嬉しい発見もありました。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

でも、今まで観ていたものがどんどん終了しちゃったので、端境期に入りちょっぴりつまらない・・・。今更地上波を観る気はしないし。

まー、暑さも和らいできて、おでかけにはちょうど良い季節になってきたことだし、そろそろ「おこもり」から卒業して、わちぽるとウロウロしようかな?なんて思ってます♪

|

アメリカンダンスアイドル シーズン5 フィナーレ

とうとうフィナーレを迎えた、アメダンS5!

優勝は、ジャニーン、ついでブランドン、エヴァン、ケイラの順でした。

でも、昨日のフィナーレを観ていてもう順位なんて関係ないじゃん!と思ってしまった・・・そのくらい皆満身創痍頑張っていましたよね~。予選から今までの戦いを振り返ってみて、改めて感動と興奮をありがとう!!と参加者みんなに直接言って握手求めたいくらいでしたよ。(1年前に終わっているんだけどさっ。)

最後まで苦手~と思っていた、ジャニーンも優勝インタビューの話し方や話している内容を見聞きしていたら、可愛いじゃなーい?とか思って、ちょっと好きになりかけたし(笑)おそっ!エヴァンもそう、涙ながらにみんなへの感謝の気持ちを述べてるのをみて、本当にいいコだねーとしみじみ思ってみたりして。

とにかく、みんな最後まで偏重なジャッジのコメントにも文句言わず、力の限り頑張ったよね!キラキラしてたもん!!!最高でした♪

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

フィナーレということで、ジャッジのお気に入りコンテを再度やったんだけど、これがいいモノばかりで良かったわ~!!!本戦時に観たときよりも良かったのは、ケイラ&クポノの依存症ダンス。軽く鳥肌モノでしたわ。きっとケイラは4位という結果が出たあとだったから吹っ切れたというかその悔しい思いをぶつけて昇華させたのかな?と思うくらい、ケイラもクポノも渾身の演技でした、ただただ感動。そしてアスカ&ビットリオのワルツも本戦時より良かったです。心が軽やかにほっこりする上質な演技でステキでした!あとはあとは、マックス!最高にSEXYで社交ダンスの人って身体の軸がぶれなくてラインがきれいで安定感があって本当にいいわーとケイラ&マックスのサンバも抜群に楽しかったですね。ちょっとお疲れのケイラを見事リードしてあげてたし。そういう意味ではジャネットもブランドンをエモーショナルに引っ張ってあげてたよね?ディスコでは途中振り付けが変わってたように思ったし。

ボリウッド、ワルツ、そして私の(?)アデー&メリッサのキャンサーダンスのようにTOP4に選ばれていない人の演技が強く印象に残りました。重圧から解き放たれ伸びやかで自然な演技が、特に目立ったように思いますねー♪昨日のグループパフォはtop20でやってるものもあるので、後日録画を観ながら「あの人はどこ?この人は?」と懐かしい面々を探す楽しみもあり、ですね。

そして、アデー本当にステキな演技とカワイイ笑顔をありがとうね!もう大好きでしたーーーアデーの演技はどれも大好きだけど、一押しのマンディコンテの録画を消してしまったアホな私は、某動画を観るだけでは我慢できないので、S6の前に再放送されることを期待して、今度こそ録画して永久保存することを、ここに宣言します!そして、心がやさぐれた時には、あのアデーの演技を観て、癒やされようと思います!!!アデーのあの大らかで懐の深い存在感。そしてスキルの高さに魅せられました。ぜひ日本に来てくださいってか、何か映画でもドラマでもいいから、出ておくれ!

それにしても、キャットは本当に美しく可愛らしいだけでないんですよね。単なるビジュアル担当ではない頭の回転がとても速く、機転がきき、いつも参加者に自然に寄り添ってあげている対応にいつも心が温かくなってました~!明るく番組を盛り上げつつもジャッジやオーディエンスがヒートアップしても冷静にびしっと仕切るオコトマエなところも大好きです!キャットだからこそ、このダンサーメイン番組のもつ躍動感、緊張感が保たれているんだなーって。キャット、S6もお願いしますよ!

では、最後に軽く毒を(苦笑)。オーストラリアの優勝者とちびっこダンスは要らなかったかな?その分メリッサ&アデーのマンディコンテとロミジュリをやってくれれば私としては、良かったんだけどね!でも、グループパフォでのアデーをずーーーーっと目で追って(ストーカー?)やっぱ、身体が大きくて見栄えがしていいわーとアデー最高だわーと堪能できたから良かったとしましょう!

11月にはシーズン6も放映してくれるらしいしっ!えらいぞ、FOX!もうすぐだもんね~楽しみにしてま~す(もう誤って結果を見るようなことは絶対しない!)

|

アメリカンダンスアイドル シーズン5 ファイナルの演技

いよいよファイナル。途中から何だかだれてしまい、長かったような、でも1週間があっという間に感じ短かったような。

全体として、今回は優勝者を知っているというのもあり、人数が絞られてくればくるほどワクワクする気持ちがなくなってきたなーという印象です。もちろんお気に入りのアデーが脱落してしまった後の、昨日の演技などはそれはそれは客観的に観ちゃったし!笑

ま、でも何故この人が優勝?と本戦初めから思って観ていたのが、昨日の演技を観て、納得です。多分ほとんどの視聴者がこの人に入れるだろうなーと思いましたよ!

それにしても、最後まで頑張っていた演技者達には本当に拍手ですよね!!身体もボロボロだっただろうに。では、昨日の感想を個別に↓↓↓

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

★ブランドン

冒頭のグループパフォ、ケイラ、ジャニーンとのペア演技、そしてソロ。すべて「ザ・ブランドン」確かな技術と力強さとリズム感とちょっぴりの繊細さ。それを裏切らないですよねー本当に上手い。でも予定調和な感じでそれ以上の興奮はなかったような・・・。ブランドンのピークはきっと予選時のミア&リルC(だっけ?)からの認めない発言、そして本戦でミアから「あなたはすばらしい」発言による、涙、涙。。この一連の流れでミアに認められた時点でピークに達したような気がします。そして、それにより、アデーと多分差がついちゃった、視聴者がブランドンについたんだろうなー。

★ジャニーン

何度も書いてますがやはり好きになれないんですねー。ジャニーンの魅力は生命力、原始的な女性の美、力強さたくましさ気の強さ、なんだろうけど。それが全くの個人的な好みとしてNGなんです。スタイルも垣間見れる性格もパーツの大きいお顔もすべてが・・・うーん、暑苦しい、特に猛暑の今観るのはキツイ。ケイラの洗練された完成された美が好きだからね~笑なので、結局最後まで気持ちが添えなかったシーズンということになるのかな?でも、番組の主旨に最も合っているのがジャニーンですよね。本戦を通じてどんどん成長して初めは「だれ、この人?」状態だったのに個性を発揮するようになって、右肩上がりに輝き続けるものね。しかも、ピークをちゃんと最後にもってこれるという戦略面での抜け目のなさとそれを演じきるハートの強さ、やっぱり近くにいたら疲れそうだ・・・苦笑。でも、昨日のソロやパソドプレはお見事でした。(やっぱ好きじゃないけど)

★エヴァン

異質の星、しかも究極の。エヴァンが残れば残るほど気持ちが冷めてしまった今シーズン。だってアデーのつけ入る隙がないんだもん!米国のアメダン視聴者が大好きなタイプのエヴァン。この人の人気は本当にすごくて絶対ファイナルまで残っちゃうだろうなーと確信してました。今回も票を伸ばすことになるでしょうね。ナイジェルが酷評すればするほど得票するんだってことくらい、頭のキレるナイジェルのこと、絶対分かっているはずなんですよね。ってことはナイジェルはエヴァンが大のお気に入りで残したいって思っているってことか・・・。複雑~!でも、ソロのブロードェイをけなしていたのはちょっとどうかなーと思いました。だってそれがエヴァンの売りでしょ?個性でしょ?それを否定しちゃーねー。エヴァンもどうすればいいの?って顔。視聴者は運動能力の高い質の高い、バリバリのコンテンポラリーよりも、ちょっとペーソス味のあるコミカルで軽妙洒脱なブロードウェイを観たい!ってことなんだから、ジャッジがそもそもエヴァンをtop20に入れなければよかったじゃんって話になりますよねー苦笑。ま、こんなに踊れるなんて、人気者になるなんて想像しなかったんだろうけど。私もこの分野はコンテのダンサーとは違う世界だと思うので、できれば切り離してほしかったなーと思います。そうしたらもっと白熱した戦いになってたはずでは?

◆ケイラ

ケイラはやはり全てが美しく、スキルも高く安定してますね!本当に美しい、ため息がでるほど。アデーとのペアが観たかったなー(しつこい)でもケイラは、あくまで「極上のダンサー」なんですよね。振り付け師やジャッジらに絶賛され、想像力をかきたてられ、さまざまな振り付けを試したくなる!しかもその完成度は予想以上なんだもん。アメダンは視聴者がダンサーの成長ストーリーを追体験する番組だから、もとから完成されたケイラは、ちょっと興味がそそられないのでしょうね。ジャニーンのように自己プロデュース力の高い、自分の見せ方を知っている人はダンサーよりも女優やタレント向きだもん。ケイラは純粋にダンスと向き合う、究極のダンサー。まだ若いから素晴らしい作品をどんどんモノにしていってほしいですね!

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

ということで、ネタバレしないように率直な感想を書いてみて思ったけど、私ってかなり偏っているわー苦笑。そういう好みが分かれるのも面白いし、オットのように自分とは違う考えを聞くのも楽しいですよね!では、今夜は、アデー&メリッサのコンテを再度流してもらうことを願いつつ、ファイナルを楽しんで観ることにしましょう!!!

|

アメリカンダンスアイドル シーズン5 TOP4決定(涙)

TOP4が決まりました。脱落は、メリッサと・・・・アデー(号泣)

予想はしていたものの、アデー実力者なんだけど後半から失速気味だったしなー。ブランドンと雰囲気がかぶるし同じようなキャラは要らないってことですか・・・。

あ~~~残念

でもお気に入りのケイラがまだ残っているしね。ブランドンも応援しているし。来週末でいよいよフィナーレだもん、早いなー。

今日はシーズン4のコンテがたくさん観られて、とても見応えあったんだけど、何というかアデー落選があまりにショックで、あれこれ感想を書く気分じゃないですー。

アデー、天然ぽさが純粋無垢な感じで本当に可愛くて好きだったのにな。ギラギラ欲深くないところがアデーの良さじゃん!なのだけど、結局そこがアデーの弱点にもなってしまったんですね。。。

アデー&ケイラという夢のペアはついに観ることができなかったのも悲しいですけど。

今日はこの辺で。今週はアデー作品をピリートして、思い出に浸ろうと思います。

|

アメリカンダンスアイドル シーズン5 TOP6演技

TOP6人による演技は、どれも個性があってスキルも高くて改めて実力派が残ったなーと思いました。(+ジャネットがいれば文句なしだけど)私はダンスをやった事はあるとは言えないレベルでしかダンスのことは分からないけど、この番組を観ていると「身体芸術」って本当に素晴らしいと感じます!大好きなフィギュアやバレエにも通じる感動がありますもの!

男子グループ、女子グループそれぞれの演技も見ごたえアリ!ソーニャ振り付けだけど、この人は絶対に力強い男子好き♪好き♪でしょー!男子の振り付けの方が断然かっこよかったもの。ま、衣装はそれぞれ難ありですけどね(笑)しかも、アデー・ブランドンの魅力全開な振り付けで、ごちそうさまでした~と大満足でした♪

そして、ジャッジにはリルC。この人大好き!感性豊かで難解なコメントが皆に笑われたりちゃかされたりしているけど、言いたいことがよーく分かるし、真面目で賢くいい人なんだなーって思います。さて、ではペア個別に観てみます!

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

★ジャニーン&アデー

この二人の相性はやっぱりあまり良くないかなーと思いました。個性が全く違うし、その個性から得られるオーラやエネルギーが全然違うものねー。サンバについては、いくらお気に入りのアデーでもちょっとザンネンな感じでした。ジャニーンは自信満々な身のこなしとはちきれんばかりの若さで押し切ったかな?でも、2つ目の演技、タビナポのHIPHOPは良かったですよね!ジャニーンはいっぱいいっぱいな感は否めないけどそこも彼女の魅力だろうし、何よりアデーのノリがさまになっててかっこよかった!

ここで、お気に入りのアデー語りですけど(苦笑)アデーって天才タイプなんだと思う。スキルも身体能力も高く、身体が大きい分見栄えもするから、さまになるんだけどどうしても手を抜いているような雑な感じに見えてしまう。要は余力があるというか、演技が稚拙に見えるというか。でも!でも!そこが、アデーの良さなんですよねー!メリッサとの感動系コンテだと、その「間」によって品とか包容力が醸し出されるし、今回のようなHIPHOPだと、いい感じの「抜け感」がダークさを演出するんですよね。いわゆるパキパキのHIOHOPじゃないからはまるという。そういう奥行き、観ているものの想像を掻き立てる所がアデーの魅力であるんだけど、きっとそれって米国よりも日本に受ける気がするんですよね。がっつりアピールして過剰な演技をしない叙情的な演技だから。踊っている時のアデーと演技後、ジャッジに褒められて「イエーイ!テンキュー、テンキュー」って子供みたいな顔で喜んでいる姿のギャップにも毎回やられます。できるコなのに素顔は純朴・・・このギャップは、女子が弱い定番アイテム(笑)

ですが、残念だけど今回はアデーがやばそうな予感がします・・・(涙)当たらなければ本当に良いのに、という予感です。

ジャニーンについては今までもさんざん書いたけど。この人が一番本戦に入って個性が出てきたし、成長しているーって分かりますよね。そういう部分に視聴者は反応するんでしょうか。私の好みではないので客観的になってしまうんだけど。きっとこの人は日本ではちょっと引かれるかもですねー。草食男子には分厚いステーキは胃もたれしちゃう!って敬遠されそうだし、カワイイ好き女子には、お人形さんのようなケイラの方が人気ありそうだもん。でも米国ではスタイル的にもキャラ的にもストライクなんでしょうね。

◆メリッサ&エヴァン

じっくり観ていないのでさらっとした感想です。ブロードウェイはタイスがエヴァンを光らせるために作ったようなイキイキとしたエヴァンが観られましたよねー。エヴァンはちょっと苦手なタイプなのでそれ以上は感じないんだけど、明らかにアデー・ブランドンと異なる個性の持ち主なのに、実力は相当高く憎めない雰囲気も手伝って、この人は今まで残っているんでしょうね。総合的な実力からいえば、やはりセミファイナルはアデー・ブランドンに残って欲しいですけど。エヴァンがいるのといないのとでは番組が全然違った感じになっていたでしょうねー。メリッサは先週の病気モノのコンテで極めてしまった空気がありそれ以上のものを魅せないとならないので厳しいですよね。クイックステップもそうだけど、今回はちょっと外れくじだったみたいで残念です・・・。最年長だからこそできる演技や確かなスキルが好きなんだけどー。

メリッサは今回でそろそろ、やばそうですよね。本人ももしかしたらそう感じているのかも。

◆ケイラ&ブランドン

実力は多分、今シーズンNO1ですよね。ジャッジが言っていたようにケイラの相手はみんな脱落していく・・・スキルと華やかな容姿でペア組む相手を喰っちゃうんだって、確かに、同感ですー。でもブランドンだとケイラばかりが目立ちすぎないし、ケイラの若さゆえの体当たりの演技(例えば、クポノとの依存症コンテ)とは違い洗練されたプロっぽい雰囲気が出てきますよねー。コンテンポラリーは良かったですよね!!特にケイラがブランドンの白いシャツを脱がせて、舞って遠ざかるシーンなんて絵画を観ているみたいでうっとりしちゃう。本当に身体のラインもお顔も全てがお美しいケイラ・・・ティーン女子のねたみを買わないことを願うばかり。サンバは・・・ビミョー。ブランドンならジャネットと、ケイラならマックスと、がやはりしっくりきます。それにしてもブランドンのソロはすごかった!!!予選の時も鳥肌モノでしたけど、「ブランドン勝負しにきたー」って、すぐ「アデーやばっっ」って思ったし(苦笑)

今回は、普通に行けばエヴァン、メリッサが危なそうだけど、アデーも・・・どうなんだろう。

できれば、次回はアデー・ブランドン・ケイラ・ジャニーンが観たいんだけど、それは叶うのでしょうか???

|